忍者ブログ
ガンダム
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『レンタルマギカ』は角川スニーカー文庫より刊行されている三田誠のライトノベル作品である。イラストはpako。 キャッチコピーは魔法使い、貸します! 「ザ・スニーカー」にて連載中。また、漫画化作品が『月刊Asuka』(作画・成宮アキホ)と『月刊コンプエース』(作画・MAKOTO2号)でそれぞれ連載されている。 2007年、ライトノベルアワードでアクション部門賞を受賞。また、同年10月よりテレビアニメの放送が開始した。 が思うより、少しだけ世界には魔法が多い。人が思うより、少しだけ世界には神秘が多い。 臆病で弱気な高校生・伊庭いつきが父の失踪を機に継ぐこととなった会社、魔法使い派遣会社 <アストラル> 。慣れない社長業に悪戦苦闘するいつきが、頼もしい社員たちとともに迫りくる敵と戦う異種魔法戦闘ファンタジー。 伊庭 いつき(いば - ) 声:福山潤 / 幼少時:大浦冬華 <アストラル> 2代目社長。失踪した父に代わり、魔法使い派遣会社 <アストラル> の2代目社長になる。特徴は2、3歳ほど下に見られてもおかしくないほどの童顔と、右目にある大きな眼帯。性格は異常なほど恐がりで、昔「ドラえもん のび太の魔界大冒険」を観て気絶したことがある。父親である司と過ごした記憶がなく、物心がついた頃には叔父夫婦の家(日下部家)で育てられていた。勇花という義妹が居る。現在、叔父一家はアメリカに居を移しており、いつき一人が日本の叔父の家に残っている。 呪力を見ることが可能な魔眼「妖精眼(グラムサイト)」を持っている。妖精眼が開いたときは、普段の気弱な態度とは一転した命令口調となり、周囲に的確な指示を飛ばす。 現在高校2年生。いつきは最初は覚えていなかったが、幼い頃は穂波とは愛称で呼び合い遊ぶ間柄だった。同人誌穂波・高瀬・アンブラー(ほなみ・たかせ・ - ) 声:植田佳奈 <アストラル> ケルト魔術・魔女術課正社員。そして「社長秘書」兼「社長教育係」。肩口で切りそろえられた栗色ショートカット・ヘアで蒼氷色の瞳を持った少女。うす縁の眼鏡をかけ関西弁(神戸弁)を話す。赤いリボンが巻かれた大きなとんがり帽子に闇色のマントをはおり、片手には樫の木の杖。ヤドリギやハーブを使うケルト魔術と魔女術の魔法使いで、古びたほうきで空を舞う。今は滅びしケルト魔術を2年で復活させた秀才で、イギリスの <学院> ではアディリシアと首席を競い合うほどだった。 いつきへ <アストラル> 経営権の譲渡や相続が行われる頃、<学院> を出て日本へ帰国し、いつきが居る <アストラル> へ真っ先にやってきた。 いつきの幼馴染で、彼の右目の過去を知る数少ない人物だが、いつきはそのことを忘れている。いつきの事を時折「いっちゃん」と幼き頃の愛称で呼ぶ事がある。 同人誌現在高校2年生で、いつきとはクラスメイトでもあり席は彼の左隣である。パソコンや携帯電話などといった最新電子機器が苦手。 料理や掃除は得意だが、彼女の部屋は普遍的な女の子の部屋とは懸け離れた物が大量に散乱している。 <アストラル> では副業として、占いセンターへの派遣や雑誌コラムの執筆を行っている。
PR

西暦2307年。
化石燃料は枯渇したが、人類はそれに代わる新たなエネルギーを手に入れていた。
3本の巨大な軌道エレベーターと、それに伴う大規模な太陽光発電システム。
しかし、このシステムの恩恵を得られるのは、一部の大国とその同盟国だけだった。

3つの軌道エレベーターを所有する3つの超大国群。アメリカ合衆国を中心とした『ユニオン』。
中国、ロシア、インドを中心としたゲスト Youtubeのドラマ『人類革新連盟』。ヨーロッパを中心とした『AEU』。
各超大国群は己の威信と繁栄のため、大いなるゼロサム・ゲームを続ける。
そう、24世紀になっても、人類は未だ一つになりきれずにいたのだ……。

そんな終わりのない戦いの世界で、「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織が現れる。
モビルスーツ「ガンダム」を所有する彼らの名は、ソレスタルビーイング。

西暦2307年。世界はアメリカを中心とした「ユニオン」。ロシア中国インドの3国を中心とした「人類革新連盟」。ヨーロッパを中心とした「AEU」の3大超大国に分かれていた。3国は枯渇させてしまった化石燃料の代わりに、3基の軌道エレベーター太陽光発電システムを巡り、熾烈な戦争を続ける日々にあった。

そんな彼らに対して現れた謎の私設武装組織ソレスタルビーイング」(CB)は、人型機動兵器「ガンダム」を投入。世界から戦争を根絶させるべく戦いを挑むが、それは「平和の為の武力行使」という矛盾も抱えていた……。ガンダムを操るのは4人の青少年。人は彼らを「ガンダムマイスター」と呼ぶ…。ガンダムによる全戦争行為への武力介入がはじまる。

ロボットは日本の日の出が「移動Suit Gundam」(私は来て、それを方法、Gundam、MOBILE SUIT GUNDAMと宣言します)を生じた漫画を活気づけました、そして、それはキーステーションとしての放送された名古屋テレビでした。それは、「Gundamシリーズ」の最初の製品です。土曜日ごとにテレビ朝日システムの17:30です - 私は18:00によって1979年に4月7日から1980年に1月26日に(1980)(1979)を走らせました、そして、全43のエピソードは放送されました。

その時のロボットアニメーションのために、それはそれが導く仕事です、そして、隣人になられて、大きい流れは、「1リアルロボット」を人間演劇を扱うためにセッティングを持ち出したことによって変化の後で、そして、ロボットを一種の武器が「MS」(モビルスーツ)を呼んだので、戦場をステージとみなした現実でいっぱいであると言いました。それらの要素は放送時の10世代より観衆によって導かれる人気を得ました、そして、私はこの操業停止の後、1981年から1982年にそれを書くことができて、劇場版製品の3つの部分の生産に拘束されました。

そのうえ、この製品が後で次々と生じられる「Gundamシリーズ」と呼ばれている一連の作品グループの最初の部材であるので、最初のGundamのあだ名さえファンからのそれと呼ばれている傾向があります。

0079は、宇宙コロニーA.D.(スペース世紀)に宇宙移民スタートを引き受けた将来の世界のステージです。人間は、半分が増加し続けた人口のために月軌道(側と呼ばれる)のまわりにあったラグランジュ点に浮いた宇宙コロニーグループで生きました。大部分のはるか彼方の植民地グループ側3は地球でそれでジオン公爵位を与えました、そして、私はスペース移民であったスペースノイドの独立を要求して、地球連邦に人タイプ運動武器「MS」(モビルスーツ)の発展成功を利用している独立戦争を挑みました。両方のキャンプは、全人口の半分を1週以上だけで死に達させました。

一方、側7に住んでいる男の子アムロレイはメキシコ政府軍が前に押した「V戦略」のために調査のために側7に侵入したジオン力MSリュックサック[1]の攻撃において巻かれます、そして、可能性は積み上げられます、そして、それはメキシコ政府軍の新型MS Gundamのパイロットへのそれです。それがあるが、そして、Gundamのパフォーマンスは敵のMSを撃退することができました。Youtubeで視聴できるアニメ、アムロを含むこれに避難した男の子と女の子が長生きしたクルーと協力している間、Gundamの母船である最新の補給艦(戦艦と同じレベルで、戦いのための能力に関しては)白ベース(W.B.)は大部分の普通のクルーを失って、側7に逃げます。しかし、私が赤くて、私がスペースと高くなった多くの軍の増加に塗った独占的なリュックサックをドライブしたので、「赤い彗星」と呼ばれていたジオン力パイロットシャアアズナブルは、待ちました。

タツアムロが始めの長年の宿敵になるシャアでいろいろな人々と戦いと分岐点との遭遇を見過ごしてください、そして、この物語は多くの困難を乗り越えます、そして、私は社交的でない端州に悩んで、怪我をして、1歩一時的に逃げている間、育っている男の子の像を描きます。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事